京都の遺品整理業者人気ランキング
京都の遺品整理業者比較 > 遺品整理について > 形見分けとは?知っておきたい知識を紹介

形見分けとは?知っておきたい知識を紹介


形見分けとは

刑事ドラマなどで聞いた事があると思いますが、「形見分け」という言葉をご存知でしょうか?
きっと多くの方は形見分けと言ってもイマイチピンとこないかもしれませんが、形見分けをすることによって、故人を敬うことにもなるので、ぜひ大切な人が亡くなったら、していただきたい供養のやり方です。

形見分けとは、故人の思い出を故人と親しかった人達と共有するために残された遺族が行うものです。
昔は「親から子へ、先輩から後輩へ贈るもの」とされ、目上の人には贈ってはいけないと言われていましたが、最近は親しい間柄であれば、誰でも受けとって良いと言われています。

形見分けされる品物は様々な種類があり、例えば、故人の愛用品や愛読書、洋服や着物、アクセサリー、時計などですね。

将棋や囲碁、釣り道具、茶道具、骨董品、コレクション品など、故人の趣味にまつわるものも形見分けできる対象となります。

特に何を形見分けしなければいけない、してはいけないという決まりはありません。

形見分けの時期

では、形見分けをする時期はいつくらいがベストなのでしょうか?
亡くなってすぐに形見分けをするのはなんとなく不謹慎な気がしますよね。
しかし、形見分けには正確なルールがなく、◯◯日以内という決まりも特にないのですが、参考程度にどの時期にするのが良いのか、紹介します。

仏式の場合は、四十九日までは「忌中」なので故人を偲ぶ時期とされ、誰かに遺品を渡さないほうがいいといわれていますので、この時期は形見分けを避けましょう。

キリスト教の場合は、日本では1ヶ月命日の追悼ミサで行うケースも多く見られます。

神式の場合は、仏式とは異なり50日祭の時に行うのが一般的です。

形見分けをする際には、先方の年齢や性別などを考慮して慎重に選ぶことが大切です。
また、汚れやついていたりしたら綺麗にクリーニングしたり、掃除したりしてから贈るのが基本とされています。

京都の遺品整理業者比較ランキング

1位One LIFE(ワンライフ)

  • 遺品を不用品として扱わず社会へ還元
  • 気持ちを込めた作業
  • 「生前整理」にも対応
サービス内容 特殊清掃、遺品整理、生前整理、不用品回収、ごみ屋敷片づけ等
対応エリア 近畿一円
最低料金 30,000円~
住所 京都市南区久世中久世町5丁目7
営業時間 10:00 〜 19:00 (年中無休)
電話番号 0120-655-535

公式サイトはこちら

2位リリーフ

  • 写真で簡単お見積り
  • 最後まで同じ担当者が対応
  • 専門の教育を受けた信頼できるスタッフ
サービス内容 遺品整理
対応エリア 関西、東海、関東、沖縄、宮城
最低料金 40,000円~
住所 兵庫県西宮市鳴尾浜2丁目1番26号
営業時間 9:00~18:00
電話番号 0120-112-089

3位プログレス

  • 業界最安価を保証
  • 年中無休で即日対応
  • わかりやすい明瞭会計で安心
サービス内容 遺品整理、生前整理、特殊清掃、ハウスクリーニング、供養、リサイクル品買取等
対応エリア 全国
最低料金 35,000円~
住所 大阪府大阪市大正区小林西1丁目14-3
営業時間 8:00~20:00
電話番号 0120-995-164

遺品整理について

遺品整理と相続

口コミ・評判

サイトマップ